注目記事
高橋聡文 ストレートを教えます

YouTube動画

 

球速を上げるにはどうすれば良いのか?

①正しいフォームを身に付ける事が大切

↓↓↓

正しいフォームとは、「自分が投げやすいフォーム」

 

ただ、「自分が投げやすいフォーム」にすれば良いだけではありません。

そのフォームの中で、やってはいけない動作や直した方が良い動作が必ずあります。

その動作に関しては、動画チェックなどでアドバイスします!

 

②フォームを固める

↓↓↓

動画チェックで、一球一球投げ方が変わっている子がたくさんいました。

毎回投げ方が違うと肩に負担がかかり、ボールに力を伝える事が出来ません。

 

シャドーピッチングやキャッチボールでフォームチェックを毎日しましょう。

 

高橋聡文経験論

毎日、壁当てとキャッチボールをしていました。

 

中学生の時、劇的に球速が上がった

↓↓↓

理由は、トレーニングを始めたことだった!

軽い負荷をかけてトレーニングしただけで、変化が現れた。

正しいトレーニングをすることで、球速は上がります。

野球大学のトレーニングメニューを参考にトレーニングをして下さい。

 

元中日ドラゴンズ浅尾拓也経験論

縄跳びの二重跳びを毎日していたら球速が上がった!!

ジャンプ力は球速アップの上で大切な事です。

ショートダッシュも加えて行うと、より球速アップへの近道になります!

 

投げるボールがシュート回転になってしまうのですが、直りますか?

結論から言うと、直ります!

 

シュート回転 原因①

リリースの瞬間に手首が寝ている

手首が寝ているままリリースしてしまうと、自然にシュート回転したボールを投げることになります。

 

シュート回転 原因②

腕が遅れている

体が開くのが早いことも考えられます。

 

シュート回転 原因③

インステップになっている

 

聡文さんのストレートの握り方と腕の振り方を教えて下さい。

動画チェックをしていて、正しい握り方をしていない子がたくさんいました。

間違いその①

鷲掴み

プロで言うチェンジアップの握り方で、ストレートとは言いません。

 

間違いその②

ツーシーム

これもストレートではなく、変化球です。

 

高橋聡文の握り方

縫い目が4回見えるように握っていました。

人差し指と中指の間は指1本分空けていました。

特徴的なのは、親指と薬指を縫い目にかけていました。

最後までボールをしっかりと持って投げるのではなく、シュッと押す出すイメージでした。

 

高橋聡文の腕の振り方

ボールは上に向けるのではなく、下を向けていました。

また、腕の使い方ではしっかりと肩甲骨を動かすイメージでした。

肩甲骨で円を描いてボールを投げていました。

投げる時は、手の甲をキャッチャーへ向けて投げるイメージでした。

一番やってはいけない事は、ボールを上に向けて投げることです。

 

最後に

今後、スライダーやフォークも紹介していきます。

その他、コントロールを良くする方法やプレートのどこに脚を引っかければ良いかなどもお話します。

まずは、上記のことを参考に取り組んでみて下さい!

球速アップに関わらず、トレーニングはとても大切です。

野球大学のトレーニングメニューを是非参考にして下さい。