経営理念

野球大学球育

他(た)に負けるな!
元プロ野球選手が球育

私達が思う「球育」とは、球技の専門家やプロフェッショナルが技術などを教え、育てる事だと思っております。
「野球大学」では、ただ野球の事だけを教えて、育てるのではありません!
普段の生活でも為になる事をお伝えします!

小・中学生を対象とした選手へ向けて、私達は情報提供をして参ります。

他(た)に勝つ方法は?

コロナウイルスで外出自粛

だからと言って、何も出来ないわけではありません。

家の中で出来るピッチングのためのトレーニング、バッティングのためのトレーニングなどなど。

それをやっているやっていないでは他の人と差が出てきます。

いざ、コロナウイルスが落ち着いて、今までのように外で野球が出来るようになった時、どんな選手になっていたいですか?

成長している自分ですか?
今までと変わっていない自分ですか?

成長するにはどうすればいいか分からない。
そう思う方も多いはずです。

他に勝つ方法は、コロナウイルスで自宅にいる時間を無駄にしていないかどうかです。

これは野球に限らず勉強も同じ事が言えます。

コロナウイルスが無かったとしても、自宅で出来ることをしているかどうかが成長へのカギとなります。

練習だけやれば上手くなる。
学校の授業だけ受ければ頭が良くなる。

それは違います。

練習したことを自宅で復習するから上手くなる。
自宅で練習(準備)して更にグラウンドで練習するから上手くなる。
学校の授業で学んだことを自宅で復習するから頭が良くなる。
自宅で予習してテストを受けるから点数が高くなる。

「野球大学」では、小・中学生が一人ひとり成長出来たと実感できるよう指導に励んで参ります。

当サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。

野球大学では、「球育」をテーマに掲げ、小学生・中学生の野球少年少女をサポート・応援します。私たちが考える「球育」とは、球技の専門家やプロフェッショナルが技術などを教え、育てる事だと思っております。ですが、ただ野球の事だけを教えて、育てるのではありません。普段の生活でも為になる事もお伝えします。

「小学生・中学生」となると、身長や体重、パワーなどが異なり、同じ教え方をしては成長出来ません。
それぞれの年齢に合わせた指導を心がけ、一人ひとりが「野球大学」を通じて成長できたと思ってもらえるよう、指導に励んで参ります。

現代では、何をするにもインターネットの社会。
小学生のなりたい職業ランキングを見ても、昔では想像できない「YouTuber」。
「プロ野球選手」や「プロサッカー選手」などのスポーツ選手もまだまだ人気はありますが、「YouTuber」には勝てない状況です。

人気が「YouTuber」に勝てないからと言って、「プロ野球選手」や「プロサッカー選手」を諦めて良いのか?
それは違います!
よく考えてみて下さい。
「YouTuber」になりたい人が増えて、「プロ野球選手」や「プロサッカー選手」になりたい人は減っていますよね?
つまり、「プロ野球選手」や「プロサッカー選手」になりたいライバルが少なくなっているのです!
これはまさに、チャンスなのです!
ライバルが減り、当サイト「野球大学」で元プロ野球選手の高橋聡文さん、元阪神タイガース1軍トレーナーの土屋明洋さんの2人のプロに教わることにより、一度「YouTuber」になりたいと言っていた人が野球に戻って来る頃には、力の差が大きくなっているのです。
想像するだけでもワクワクしますよね!
試合で、一度「YouTuber」になりたいと言っていた人が三振して、ずっとプロ野球選手を夢見ていた自分がホームランを打ったらどうですか?
ドヤ顔、ニヤニヤ、自慢、、、嬉しくて仕方ないはずです!

野球というスポーツをするからには、上を目指して欲しいのです!
現代のインターネット社会は僕たちからすると好都合で、北は北海道、南は沖縄まで移動せずに、色々な方へ指導できる。
動画を通じて皆様と会話が出来る。
直接言いづらいことが文章で聞けるなど、様々なメリットがあります。

僕たちも、本当は直接グラウンドに足を運んで野球を教えたいのですが、コロナウイルスのためそれが出来ません。
コロナウイルスが落ち着いたら、47都道府県全てのグラウンドで野球指導をすることを目指しています。
その時は、お父さんお母さんも一緒に野球を楽しみ、夜は食事会で高橋聡文さんと土屋明洋さんと賑やかに過ごしましょう。
たくさんの方との出会いを楽しみに、これから野球指導に励んで参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

2020年4月21日
運営会社
合同会社キャマラード 代表 奥貫翔太