注目記事
野球大学動画撮影ポイント

【LINE】公式LINE登録者限定動画チェック

動画撮影は携帯電話でOK!

動画撮影はビデオカメラではなくても、携帯電話で問題ありません!

お気軽に撮影したものをお送り下さい。

 

~注意~

アプリ(SNOWなど)を使わず、携帯のカメラを使用下さい。

アプリを使って写真を撮ると見えづらい場合がございます。

撮影角度のポイント(シャドーピッチング編)

キャッチボールの動画ではなく、シャドーピッチングの動画をお送り下さい。

シャドーピッチングのタオルの握り方に関しては、別ページで記載しております。

 

<必須>

左ピッチャーの場合は一塁方向から、右ピッチャーの場合は三塁方向から撮影をして下さい。

必ず、写真のように全身を撮影して下さい。

背中の方向からの撮影はNG

 

<室外で撮影する場合>

必ず広い場所で撮影をお願いします。

サンダルは絶対に履かないで下さい。サンダルを履いて試合で投げる人はいません。

運動靴を履いて行って下さい。

必ずグローブをつけましょう。グローブをつけないで試合で投げる人はいません。

 

<室内で撮影をする場合>

室内で撮影をする場合は、マットの上で行わないで下さい。ケガをする恐れがございます。

室内で撮影する際も、広い場所を見つけて撮影をお願いします。

マットの上ではなく、裸足で床の上で行って下さい。

必ずグローブをつけましょう。グローブをつけないで試合で投げる人はいません。

 

<撮影が可能なら>

キャッチャーの方向から撮影が出来る場合は、そちらも一緒にお送り下さい。

 

撮影角度のポイント(素振り編)

バッティングの動画ではなく、素振りの動画をお送り下さい。

試合をしっかりとイメージしてスイングをして下さい。

 

<必須>

真横から撮影をして下さい。

必ず、写真のように全身を撮影して下さい。

背中の方向からの撮影はNG

 

<室外で撮影する場合>

必ず広い場所で撮影をお願いします。

サンダルは絶対に履かないで下さい。サンダルを履いて試合で投げる人はいません。

運動靴を履いて行って下さい。

<室内で撮影をする場合>

室内で撮影をする場合は、マットの上で行わないで下さい。ケガをする恐れがございます。

室内で撮影する際も、広い場所を見つけて撮影をお願いします。

マットの上ではなく、裸足で床の上で行って下さい。

 

<撮影が可能なら>

正面から撮影が出来る場合は、そちらも一緒にお送り下さい。

動画チェックはLINEで!

SNSフォローお願いします!

野球大学公式Twitter

・最新情報
・各種イベント等の告知
・プレゼント抽選会
etc.