注目記事
野球大学-ロゴ

小学生・中学生の共通の間違い

先日開催した「公式LINE登録者限定の動画チェック」でたくさんの小学生・中学生が共通の間違いをしていました。
今日はその中でも「バッティングの軸足」について紹介しようと思います。
「バッティングの軸足」と言っても、「軸足のつま先」のお話になります。

今あなたはどっちですか?

あなたはバットを構える時、「軸足のつま先」はどっちでしょうか?
①つま先は真っ直ぐ向いている
②つま先は外を向いている

正しいのはどっちでしょうか?

答えは①つま先は真っ直ぐ向いている
何故でしょうか?
バッティングで腰を回転させることは大切ですよね?
腰を回転させる力が無いと、手だけで打つことになり、強い打球は打てません。

つま先が真っ直ぐ向いている方が、腰の回転はしやすいです。

つま先が外に向いていると、腰は回りづらいです。

素振りで試しにやってみて下さい。

つま先が真っ直ぐの方が振りやすいはずです。

 

バッティングでは、上半身と下半身を連動させないと、力強い打球は飛びません。

つま先が外に向いている状態ですと、下半身を上手く使えず、上半身だけのスイングになってしまいます。

それに慣れて成長してしまうと、直すのに時間がかかり、気がつかない人は野球人生を無駄にしてしまいます。

まずは、軸足のつま先を真っ直ぐ向けましょう。

構える時はハの字にならず、真っ直ぐ向けましょう!

これからは気をつけよう!

小さい子が間違えやすいです。

つま先が外に向いている人は、素振りの時から意識して直そう!

これを変えるだけでもスイングが変わってくる!

 

最初は、お父さんやお母さんに見てもらいましょう。

鏡がある人は、鏡を使いましょう。

 

軸足のつま先以外にも、バッティングにおいて重要なことはたくさんあります。

動画チェックやコラムで皆様にお伝えしようと思っています。

 

トレーニングをするしないで人は変わります

野球大学では、元阪神タイガース1軍トレーナーの土屋さんがメニューを作っています。

それを参考にトレーニングしてみて下さい。

SNSフォローお願いします!

野球大学公式Twitter

・最新情報
・各種イベント等の告知
・プレゼント抽選会